不動産査定と売却方法


不動産査定と売却方法

不動産を売却することを考えると、不動産会社の仲介をしてもらうのが安全な売却であり、危険が多い直取引はできるだけ避けた方が無難です。直取引は売主と買主が直接売買契約をして不動産会社の仲介をしない取引でいろいろ危険が伴う場合が多く、不動産詐欺にあうこともあります。当サイトではそんな事態にならないための、不動産売買の知識をご提供して行きます。

不動産会社に不動産物件の買主を探してもらうことを仲介と言い、この仲介を頼むと売却する不動産査定を不動産会社がします。この査定は、評価額や価値となるもので不動産の現状の価値と考えるとわかりやすいでしょう。この査定額で売却できるのが一番の理想ですが、現実はそのようにうまくいかず、売却価格が存在します。

この査定価格は、不動産会社が独自に設定するので複数の不動産会社から査定価格を見積もってもらう必要があります。しかし、一番高い価格の不動産会社に決めて売却を頼むのも危険となります。また、不動産会社では査定価格で買い取ることを前提とした査定をする不動産会社もおり当然不動産会社が買い取るので現実的に近い売却価格での査定価格となります。では、査定価格と成約価格は同じなのか違うのかというと違う場合もあり違わない場合もあります。これも相場や周辺の状況により変化するので注意が必要です。それでも不動産会社が買取をするケースはその物件が簡単に売却できると予想して買い取るケースや売主が決まっている場合もありすぐに不動産物件を売りたいときには有効な方法と言えます。



ページTOPへ